手羽詰め専門店 宮鶏(みどり)|株式会社マイニチフーズ

0120-54-2002

平日10:00-18:00(土・日・祝 休み)

宮鶏の手羽詰めについて

「創業25年。累計1億本以上の販売と実績」

宮鶏の手羽詰めができるまで

STEP1 具材を用意します

1_guzai

鶏肉(手羽先)と餃子の相性は食べた時の野菜のジューシーさ。
餃子の餡に使うキャベツの保水は、四季によって変わりますので、脱水時に独自の水分調整を行います。
製造工程の詳細は企業秘密こだわりの調味料を使用して、コクのある具材に仕上げています。

STEP2 手羽先の中骨を取り除きます

中骨を2本取り除きます。また、この部分には具材が入ります。
穴があかないように、一本一本従業員の手作業で丁寧に捌いていきます。一日に、一人あたり何と1000本も捌くときもあります。

STEP3 手羽先を選別・味付けします

2_kakousenbetsu_

均等な大きさの手羽先に選別したあと、塩コショウで味付けをします。いかに鶏肉に揉み込んだかが味の決め手となります。これらの工程は全て従業員による手作業で行われるので、如何に迅速かつ正確に、そして均等に出来るかが勝負になります。

STEP4 具材を詰めます

4_guzai

事前に用意しておいた弊社オリジナルの具を、ひとつずつ丁寧に詰めていきます。
焼き上がりのことを考えて、外がパリパリ、中がジューシーになるよう絶妙なバランスを保つのが、プロの腕の見せ所。
穴が開いてしまわないように細心の注意を払います。

STEP5 出来上がりをチェックします

5_kenpin

穴が開いていないか、具材に偏りがないか、加熱調理に支障が出ないよう一本一本、手に取ってチェックしていきます。専用冷凍庫で瞬間冷凍、品質と食感を損なわないまま、美味しさをギュギュッ!と閉じ込めます。

完成!

お客様の手元にお届けします。

品質管理について

製造元のニッチフーズでは、2010年1月、社内に「品質管理・保証部」を設置、 製造された商品の抜き取り検査を定期的に行うことができるようになりました。 これにより、自社での検査体制が強化され、より製品の安全性を追求できるようにもなりました。

食の安全と安心をモットーに、厳しい目で選び抜いた食材にこだわり、製法にも妥協を許しません。

食品衛生法に定められた、「微生物が基準値内の製品」を責任を持って出荷する。 この役割に徹したいと考えます。

商品ラインナップ

手羽詰め
手羽先の中骨2本を取り除き、こだわりの具材をぎっしり詰めた宮鶏のヒット商品です。 宮崎産手羽先使用!!
ひとくち手羽
より食べやすいサイズで女性に人気!宮鶏のひとくち手羽は小さくても具材がたっぷり詰まっています。 宮崎産手羽先使用!!
焼き手羽
宮鶏特製の焼き手羽はジェットオーブンでこんがり焼き上げています!簡単調理でお召し上がりいただけます。 宮崎産手羽先使用!!
冷えちょっ手羽
宮鶏がおススメの冷やしておいしい手羽シリーズ。お父さんのおつまみに!子供のお弁当のおかずに!
ギフト(送料無料)
畜産王国宮崎産鶏肉の手羽先を使用した宮鶏ネットショップ限定の手羽詰めセットです。

0120-54-2002

平日10:00-18:00(土・日・祝 休み)

ページの先頭へ